学生がクレジットカードを作る場合の審査について

クレジットカードを初めて作ったのは社会人になってからという人が多いと思います。しかし、最近は学生であってもコンパやサークルなどでたくさんのお金が必要になる場合もあります。

そのため、学生であってもクレジットカードが欲しいと考える人もいるかもしれません。では、学生がクレジットカードを持つためにはいったいどうすればいいのでしょうか。

学生は審査が通らない

クレジットカードを作りたいと思った場合、まずはクレジットカード会社に申請をすることになります。しかし、申請をしたからと言ってクレジットカードがすぐに作れるとは限りません。

この後に待っているのが審査の段階です。クレジットカードは審査の段階でその人の職業・過去の債務状況などを確認して、その人にお金を貸しても回収できるかどうかというのを判断します。

この際、職業が学生であれば、ほとんどの会社では審査の段階で落とされることになります。

学生では無く、アルバイトとして審査を希望する

ただ、最近では学生でも授業の合間の時間などを使ってかなりの時間をアルバイトに割いているという人も珍しくありません。したがって、アルバイトという身分で収入があることを審査でアピールすることも可能です。

最近は正社員でなくても、フリーターでも作れるカードも存在しているため、このような方法でアルバイトとして審査を受ける方が学生で審査を受けるよりも審査が通る可能性は高くなります。

一番いいのは学生向けのカードをつくること

ただし、実はクレジットカードの中には学生をターゲットにして学生向けのクレジットカードという形で発行されているものもあります。

クレジットカード会社の中では学生のうちにカードを発行しておくことによって、学生が将来就職した後も使ってもらえるようにしようと考えている会社も存在しています。

つまり、学生に対してカードを発行することで学生の囲い込みを行ってしまうわけです。たしかに、学生には安定した収入が無いというリスクがありますが、いざとなれば保護者が返済してくれる可能性が高くなります。

そのような保護者が返済するはずということも考慮したうえで学生に対してカードを発行している会社もあります。学生であれば、このような学生向けのクレジットカードを申請するのが最も良い方法になります。

学生は学生用のクレジットカードを作るべし

上記では学生がクレジットカードを作る場合にはどうすればいいかということについて述べてきました。基本的に定期的に収入が入ってくる職業についていない学生がクレジット会社の審査を通ることはまれになります。

したがって、学生でクレジットカードを作りたい場合には学生用のクレジットカードを申請するのが最も賢い方法になるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です