クレジットカードの審査を通過するためには

クレジットカードを手にするなら、まず審査を通過することが条件となります。審査基準は各金融機関ごとに多少異なる可能性もありますが、どうしたら審査を問題なく通過できるのかを知っておいて損はありません。

クレジットカードと審査項目

審査項目はいくつかありますが、大抵審査項目はどの審査も変わりありません。例えば、住所や職業は審査項目の中でも重要なポジションを占めます。

審査では嘘偽りの記入をすることはタブーですが、中でもこれらの項目は信頼に直結する問題です。住所や職業に誤りが見つかると、それだけで審査に落ちてしまいかねません。

仮に嘘をつく気がなかったにしても、一度見直しをして間違いがないかをしっかりとチェックしましょう。他にも年収や居住形態を記入する欄もありますが、同様に正しい情報を記入しましょう。

審査を通過しやすい環境で申し込む

クレジットカードを申し込む予定の方の中には、転職を見越して申し込む方も少なくありません。しかし、転職をするのならその前にクレジットカードの申し込む終わらせておくことが、審査を確実に通過する上で重要なのです。

クレジットカードの審査では職業が重要視されますが、勤続年数もこれに該当します。新しい職場に転職した後は勤続年数がリセットされますし、審査の段階で少し損をすることになります。

特に一度退職をする予定のある方は、なおさら自分に有利な環境で申し込んでしまうことが大切です。

審査の難易度も考慮しておく

もしどうしても審査に通過する自信がない方は、あまり審査の難易度が高くないクレジットカードを選ぶことも必要なテクニックです。

まず一枚クレジットカードを持っておくだけでも便利ですし、人によってはそれ一枚で十分にもなります。

また、クレジットカードを申し込む際には何らかの特典が付随していることも珍しくありませんが、本当にその得点が必要かを考えてみましょう。

不必要な特典を求めて審査に落とされるのはもったいないですし、自分が必要な条件をイメージしてからクレジットカードを選びましょう。

審査に絶対はない

必ず審査に受かるという保証はどこにもありませんが、できる限り審査を通過する状況を整えておくことは大切です。

職業の問題、居住形態の問題などもありますが、これらは簡単に変更することのできない審査項目です。なるべく都合のいい状況で申し込みを完了させることで、審査を通過できる可能性を高めましょう。

また、そのためには自分に必要のない条件を削ってしまうことも大切です。

クレジットカードを持つメリット

クレジットカードを持っていると財布に大金を入れておかなくても買い物が出来るのすごく便利なカードです。1枚だけ作っている人も入れば5枚以上作っている人もいます。

5枚以上作るという事はクレジットカードを持っているとそれなりにメリットがあるという事です。ではいったいどんなメリットがあるのかを見ていきましょう。

現金を扱わなくていい

クレジットカードの持つメリットでまず挙げられるのが現金を扱わなくていい事でしょう。買い物をする時にレジで支払いをする時にクレジットカードを1枚出すだけで簡単に支払いを済ませる事が出来ます。

そのためおつりのやり取りなど無駄な手間が省けてレジでの客の流れが良くなります。また高価な買い物をする時も銀行やATMで大金を引き落とさなくて済むので安全性も確保されます。

ポイントなど特典が受けられる

クレジットカードで支払いをするとポイントを貯める事が出来るクレジットカード会社がたくさんあります。貯まったポイントが現金の代わりに使用出来る場合もあるし、商品券などと交換出来る場合もあります。

さらに衣服店、飲食店など店舗によっては現金で支払うよりケレジットカードで支払った方がポイントが多く貯まる場合もあります。ポイントを貯めてお得に買い物や食事を楽しむといった事も出来てしまいます。

インターネットのサービスが便利

現在はITが発達しているのでインターネットでの買い物も当たり前の時代になっています。また動画や音楽の配信、サイトの有料会員に入会時の支払いなどでもクレジットカードを持っていると手続きがスムーズです。

クレジットカードを持っていないと支払いにいろいろ手間がかかるのでインターネットのサービスをよく利用する人はクレジットカードを1枚は持っておくべきでしょう。

利息が付かない

手持ちのお金がない時にキャッシングをしてお金を借りてしまうと金利というものがあるので利息が付いてしまいます。

しかしクレジットカードの場合は金利がないので利息が付く事がありません。それに手持ちのお金がなくても支払いは1か月後のなる事が多いので大きなメリットになります。

信用される

クレジットカードを利用すると信用情報機関にデータとして残るので多く利用するとより信用が増します。

そのため新しくクレジットカードを作る時も審査などが通りやすくなるので容易にカードを作れるようになります。そのため支払いはなるべくクレジットカードを利用するようにしましょう。

1枚は持っておくべき

ビックカメラで得をするクレジットカードとは?

ビックカメラはターミナル駅を中心に各地に展開する家電量販店です。クレジットカードを使ったお得な支払い方法について紹介したいと思います。

クレジットカード払いは損をする!?

ビックカメラで商品を購入すると、通常10%のビックカメラのポイントが還元されます。還元されたポイントは次回以降のビックカメラの買い物の際に1ポイント1円として使用することができます。

しかし、クレジットカード払いをするとその付与されるポイントは2%減ってしまい、8%になってしまいます。例えば1万円の買い物をするとき、現金払いであれば1000円分のポイントが還元されるのに対し、クレジットカード払いでは800円しかポイントが付かず、200円分も損をしてしまうことになります。

ポイント還元率が下がらないクレジットカードがある!

クレジットカード払いでも現金と同じ10%のポイントが還元されるものがあります。それはビックカメラが提携しているクレジットカードです。

対象となるのは、ビックカメラSuicaカード、ビックカメラJ-WESTカード、ビックカメラJQ SUGOCAカードの3種類です。中でもオススメはビックカメラSuicaカードになります。

ビックカメラSuicaカードのここが凄い!

ビックカメラSuicaカードはクレジットカード、Suicaカード、ビックカメラのポイントカードが1枚になったカードです。

初年度の年会費が無料となっており、2年目以降も前年にクレジットカードの利用が一度でもあれば年会費は無料となり、年会費が実質無料のクレジットカードだと言えます。

また、VIEWカードの機能も付いているので、モバイルSuica対応のスマートフォンなどを持っている場合、年会費無料でモバイルSuicaを利用することができます。

溜まったビックカメラのポイントをSuicaのチャージに利用することもできるので、ビックカメラ以外でも電車やバス、コンビニなどの買い物でも利用することができるようになります。

さらにビックカメラSuicaカードをお得に使う方法!

ビックカメラにおいてビックカメラSuicaカードで買い物をすると通常10%のポイントが付きますが、この還元率をさらに高める方法があります。

その方法は、ビックカメラSuicaカードからSuicaにチャージをして、そのSuicaで会計をするという方法です。まず、Suicaにチャージすることで1.5%のビューサンクスポイントが付きます。

さらにビックカメラでSuicaで会計をすると現金と同じ10%のポイントが付くので、トータルで11.5%相当のポイントが還元されることになります。

現金で買い物をするよりお得!

ビックカメラで買い物をする際、ビックカメラSuicaカードを使ってSuicaチャージをしてそのSuicaで支払いをするとすると、現金10%よりもさらに高い11.5%のポイントが還元されます。

ビックカメラでの買い物の頻度が高いほど、この還元率の差が実に大きな差になってきます。ビックカメラをよく利用する人は、ビックカメラSuicaカードの発行を是非検討してみましょう。

ニコスのカードとその主たる3つのメリット

クレジットカードの中では、ニコスはとても有名です。大手の金融会社による商品ですが、それに魅力を感じる方々はとても多いです。そのカードには様々な特徴があるのですが、主たるものは3点です。

旅行に関するサービスが充実している

ニコスの場合は、旅行に関わる大きなメリットがあります。例えば空港ラウンジの料金がゼロになるメリットです。カードを保有していなければ有料になりますが、それが無料になる魅力はとても大きいと思う方も多いです。それと旅行先におけるレンタルサービスです。

海外旅行などでは、レンタカーなどを利用する事も珍しくありません。ニコスのカードを保有していると、割引料金で借りる事ができる訳です。それとサポートに関するメリットもあります。海外旅行などでは言語の壁にぶつかることも多々あるのですが、ニコスのカードを持っていれば、日本語でのサポートを受けられるのです。

保険に関わるサービス

それとニコスは、保険に関わるサービスの充実度にもメリットがあります。例えば前述の旅行に関わる保険です。そもそも海外旅行では、何が起きるか分からない一面があります。旅行先にて、不慮の事故に遭遇する可能性もあるでしょう。それで損害が生じると、大変な事になってしまいます。

しかしニコスのカードを持っているか、保険金がおりるのです。それで助かる事例も少なくありません。また海外旅行だけでなく、買い物に関わる保険も完備されています。そのカードを用いて、何かの買い物をしたとします。

ところが、たまにそれに対する損害が生じる事があるのです。その場合でも、やはり保険金がおりる事になります。万が一の際の保険が充実しているのも、このカード商品のメリットと言えるでしょう。

ゴルフに関わるメリット

それとニコスは、ゴルフに関わるメリットもあるのです。ゴルフ場などを利用するとなると、まずは予約が必要になるでしょう。電話連絡やメンバー表などと、様々な手続きが必要になってきます。ところがニコスの会員の方の場合は、そのゴルフの予約に関する代行サービスを利用可能です。

ゴルフ場に関わる予約をしたくても、なかなか時間的の問題で難しい方も見られるでしょう。それを代行できるメリットは、とても大きいです。ゴルフが趣味な方々にとっては、おすすめのカードと言えます。

海外旅行やゴルフのメリット

以上を総合的に見れば、ニコスのクレジットカードは主に旅行やゴルフに関するサービスが充実しているのが特徴的です。普段から旅行などに足を運ぶ方々にとっては、おすすめのカードと言えます。

クレジットカードとキャッシングは1セット

クレジットカードといえば、支払いを済ませる際に大変便利な存在です。しかし、ショッピングだけにクレジットカードを使用するのは、少々もったいない使い方なのです。例えば、キャッシングとクレジットカードは1セットで考えておきましょう。

クレジットカードに付いてくるキャッシング機能とは

すでにクレジットカードを一枚所有している方の中には、実はキャッシング機能も付いていた、というケースも珍しくありません。キャッシング専用のカードもありますが、クレジットカードを発行する際にキャッシング機能を申し込むことも可能です。

そのため、クレジットカードを一枚持っておけば、キャッシング機能とショッピング機能の両方をすぐに用意できるのです。カードを複数枚所有していると、どうにも整理が面倒になりがちです。しかし、このように一枚に複数の機能が収まっていれば、日常生活でも役立つのではないでしょうか。

キャッシング枠とショッピング枠

キャッシング枠とショッピング枠は、別々に設定されているかそうでないかに分かれます。別々に設定されている場合は、両方の枠に設定されているそれぞれの上限を参考にしながらクレジットカードを使用することになります。

例えば、ショッピング枠の限度額が50万円、キャッシング枠の限度額が30万円ならば、仮にキャッシング枠を上限いっぱいに利用してもショッピング枠に影響はありません。しかし、もし別々に設定されていない場合、例えば両方合わせて100万円の場合は異なります。キャッシングを30万円利用したらショッピング枠は残り70万円となるので注意しましょう。

旅行に便利なクレジットカード

このキャッシング機能が付いているクレジットカードが輝く場面としては、旅行が該当します。キャッシングの何が強みになるかといえば、現金を用意できる点にあります。

店舗の中にはクレジットで買い物できない場合もありますし、そうしたケースではキャッシングのように現金を用意できる機能が重宝されます。幅広いケースに対応できるからこそ、キャッシング枠は必要なのです。

一枚は作っておこう

ショッピング枠はクレジットカードで、キャッシングはキャッシングカードでという棲み分けも可能ですが、利便性を考えるとキャッシング枠が付帯しているクレジットカードに軍配が上がります。

一枚は持っておくと様々な場面で活躍するカードとなるので、クレジットカードを申し込む際にはキャッシング枠にも気を配っておきましょう。また、その際には金利などのチェックも怠ってはいけません。

クレジットカードってなに?いいことあるの?という方へ

テレビのCMでも、買い物をしてレジに行っても「クレジットカード」という文字を目にします。しかし、自分は現金で払う主義だ、という方には全く関心が沸かないかもしれません。しかし、多くの人が使っているカードの仕組みを知っておいても損はないのではないでしょうか。

「クレジット」の意味

クレジットカードの「クレジット」とは、言うまでもなく英語で「信用」の意味です。つまり、その人を信用した商取引が基本にあります。小売店は先に品物をカード所有者に渡し、その代金をカード会社から受取ります。

カード会社は建て替えた代金を約1ヶ月後に銀行から受け取る、というのが基本的なしくみです。1回払やボーナス払い、分割2回払いまでは手数料はかからない会社がほとんどですが、それ以上の分割払いになると手数料が発生し、これがカード会社の収入になります。

うまく使えば得をすることも

単に現金の持ち合わせがない場合に使うのではなく、お得になる使い方もあります。クレジットカードはその利用額に応じて「ポイント」がつくことがほとんどです。このポイントが決められた数に達すると、品物や商品券と交換できたり、キャッシュバック(現金の払い戻し)を受けることができます。

中には利用額の1%が自動的に割引になったり、ポイントによるキャッシュバックが1.5%に達するカードがあります。携帯代、電気代、自治体によっては公共料金までも カード払いにできる場合もあります。月々に払うこれらの料金に、先ほどのキャッシュバック率をかけてみると無視できない金額がキャッシュバックされることになります。

「両刃の剣」としての一面も

しかし、クレジットカードがいいことずくめ、という訳ではありません。クレジットカードには不正利用の被害に遭うリスクがあるのです。たびたびこのような事件についてのニュースが流れることもあります。しかし、道路を使えば交通事故があり、火を使えば火事があるように、世界が広がれば新たなリスクが生まれるのは何においても避けられません。大切なのは、そのリスクを正しく理解して回避する手段を知ることです。

生活を快適にするツールとして

いつも現金を必要な分だけ持っていればいいのですが、そういう場面ばかりとは限りません。そんな時にクレジットカードがあれば便利なこともあるでしょう。手始めに年会費無料のカードを作って使い心地を試してみてはいかがでしょう。

参考記事:ビアソカード(VIASOカード)の審査を含め徹底解説します!