クレジットカードを利用する時の注意点

クレジットカードは手持ちの現金がない時でも高価な買い物や食事などが出来てしまうので日常生活を便利にして楽しませてくれるものです。

しかしクレジットカードを利用していると高価な買い物をした時でも自分でいくら使ったのかを忘れてしまう場合もあります。

そのためクレジットカードをりようする時にいくつか注意しておかなければいけない事があるのでしっかり確認しておきましょう。

自分の支払能力を考える

クレジットカードを利用する時にまず注意しなければいけないのが使いすぎてしまうという事でしょう。クレジットカードは現金を持っていなくても買い物が出来てしまうので便利過ぎて必要以上に使ってしまう事があります。

高所得者など支払い能力がある人はそれほど問題ありませんが、所得がそれほどないのにも関わらず使い過ぎてしまうと支払いが困難になってしまいます。

支払いが滞納してしまうと信用を失ってしまう可能性もあるので自分の支払能力を考えて利用するようにしましょう。

暗証番号は自分に関係ない番号で

クレジットカードを作ったら必ず4桁の暗証番号があります。この暗証番号を他人に知られてしまうと落としてしまったり盗まれてしまった時に勝手にキャッシングされてしまう事があります。

また自分に関係ある番号を暗証番号として使用していると生年月日、電話番号などで推測されてしまう事もあります。そのため他人に暗証番号を推測されないように自分に関係ない番号にしておきましょう。

レシートは引き落とし完了まで保管しておく

クレジットカードを持っていると買い物をしていないのに請求が来るケースがあります。そういった時にレシートを処分してしまっていると買い物していないのに買い物したかもしれないと思ってしまいそのまま支払ってしまう事があります。

買い物していないのに支払うという事は自分が損しているだけなのでクレジットカードの利用した金額は引き落としが完了するまでレシートをしっかり保管して管理しておきましょう。

無駄に持ち歩かない

クレジットカードを財布に入れていつも持ち歩いていると落とした時に誰かに使われてしまう可能性があります。

また個人情報が流出しまって最悪の時は犯罪に使われてしまう可能性もあるので明らかに使用しないと分かっている時は無駄に持ち歩かないようにしましょう。

クレジットカードを使用しない時は家の中で自分にしか分からない安全な場所を作って管理しておくのがいいでしょう。

自分でリスク管理をしっかりと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です