クレジットカードの審査を通過するためには

クレジットカードを手にするなら、まず審査を通過することが条件となります。審査基準は各金融機関ごとに多少異なる可能性もありますが、どうしたら審査を問題なく通過できるのかを知っておいて損はありません。

クレジットカードと審査項目

審査項目はいくつかありますが、大抵審査項目はどの審査も変わりありません。例えば、住所や職業は審査項目の中でも重要なポジションを占めます。

審査では嘘偽りの記入をすることはタブーですが、中でもこれらの項目は信頼に直結する問題です。住所や職業に誤りが見つかると、それだけで審査に落ちてしまいかねません。

仮に嘘をつく気がなかったにしても、一度見直しをして間違いがないかをしっかりとチェックしましょう。他にも年収や居住形態を記入する欄もありますが、同様に正しい情報を記入しましょう。

審査を通過しやすい環境で申し込む

クレジットカードを申し込む予定の方の中には、転職を見越して申し込む方も少なくありません。しかし、転職をするのならその前にクレジットカードの申し込む終わらせておくことが、審査を確実に通過する上で重要なのです。

クレジットカードの審査では職業が重要視されますが、勤続年数もこれに該当します。新しい職場に転職した後は勤続年数がリセットされますし、審査の段階で少し損をすることになります。

特に一度退職をする予定のある方は、なおさら自分に有利な環境で申し込んでしまうことが大切です。

審査の難易度も考慮しておく

もしどうしても審査に通過する自信がない方は、あまり審査の難易度が高くないクレジットカードを選ぶことも必要なテクニックです。

まず一枚クレジットカードを持っておくだけでも便利ですし、人によってはそれ一枚で十分にもなります。

また、クレジットカードを申し込む際には何らかの特典が付随していることも珍しくありませんが、本当にその得点が必要かを考えてみましょう。

不必要な特典を求めて審査に落とされるのはもったいないですし、自分が必要な条件をイメージしてからクレジットカードを選びましょう。

審査に絶対はない

必ず審査に受かるという保証はどこにもありませんが、できる限り審査を通過する状況を整えておくことは大切です。

職業の問題、居住形態の問題などもありますが、これらは簡単に変更することのできない審査項目です。なるべく都合のいい状況で申し込みを完了させることで、審査を通過できる可能性を高めましょう。

また、そのためには自分に必要のない条件を削ってしまうことも大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です